TOEICと英会話は関係ある?

グローバル企業では、英語力が必須と言います。
そのように考えても良いでしょう。
英会話は、日常茶飯事なことになっていますよね。
あなたは、自分の英語力がどの程度なのかわかりますか!? それを知るには、TOEICのテストがあります。
今、そのTOEICのテストが注目されています。
このTOEICのテストは、世界共通の指標として企業などで利用されています。
※ビジネスマンでなくてもTOEICを受験することは可能です。
学生などが就職に有利になるようにTOEICの勉強をしていることも多いようですね。
TOEICで高得点を取った人は、英会話をスムーズに、話す、またこなすことができるのでしょうか!? 正直に言えば、それは「ノー」と言えます。
(汗)。
TOEICは、語彙力とか、文法力を見ることはできます。
またリーディング能力も分かります。

しかし、現実の英会話では、専門的な用語とか、その時の出来事などで使われる単語、言葉遣いが違ってきます。
それらに対応できなければ意味がありません。
会話は成立しないと言えます。
言い換えると、つまりTOEICに出てこない文法、言葉が沢山あると言うことですね。
英語は言葉です。
仕事で英語を使う機会がある人は、TOEICだけでは満足できないと思います。
多くの人がTOEICで高得点を取っても話せなければ意味がありません。
もちろん、TOEICが無駄になる訳ではありません。
それだけでは十分ではないと言うことです。
TOEICの点数が就職の採用で有利に働くことは、間違いないことです。