フレッツ契約にはクーリングオフ制度ある?

ここ最近、光回線の業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなってきています。
そのような事態を鑑みて、総務省では契約より八日以内なら解約できる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明らかにいたしました。
フレッツ契約をクーリングオフしたいと思ったときには、契約の内容が書いてある書面を受け取った日から8日間であれば書面で申込みの撤回が無条件でおこなえます。
フレッツは契約を強いる勧誘が問題になっており、クーリングオフを検討している人々も少数ではありません。
クーリングオフができない際には、解約手数料を支払ってでも解約したいと考える人もいます。
NTTの光ファイバーを用いた回線であるフレッツ光は、一流企業のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度もハイクオリティなサービスを提案しています。
他のNTTと同種の企業も料金などで対抗しており、大きな違いがなくなってきていますが、年かさの方たちからするとNTTが堅実だという人が多数派だと思います。
wimaxの回線は、出かけている時でも使うことができるのですが、固定回線よりもだいぶ遅いです。
動画などを閲覧すると、スムーズに再生できなかったり、カクカク表示になったりすることも、よくあります。
都心部以外はまだ対応していないエリアもたくさんあります。
事前に使用する場所が対応エリアかどうかの確認が必要といえます。