介護保険サービスを受けるための条件とは?

第1・2号被保険者が支払っている介護保険料と税金により運営されている介護保険制度があります。
今、必要でなくても40歳以上になると介護保険料は支払わなくてはいけません。
そんな介護保険制度の介護保険サービスを受けるには、要介護認定を受ける必要があります。
そう言えます。
要介護認定と言うのは介護を必要としている人がどれだけのレベルで介護が必要なのか!?そのことを見極める為に行われます。
その結果に基づき受けられる介護サービスが変わってきます。
まずは申請書類をお住まいの市区町村、または居宅介護支援事業者の窓口へ提出してください。
そうすると介護支援専門員、または市区町村の職員が聞き取り調査をします。
そのあと訪問調査で行った特記事項、主治医の意見書と突き合わせてから介護認定審査会と言う二次判定が行われています。
このように要介護度が決定することとなりますね。
そのあと申請の日から大体30日以内くらいに要介護度がどれくらいあったか!?そうしたら様介護度に合わせ介護支援専門員がケアプランと言う介護サービス計画を作成します。
そう言う事になります。
これが大体の介護保険サービスを受けるまでの一連の流れになります。
(笑顔)。