デイトレードとは株の投資スタイルの一種です

株の取引には3つの投資スタイルがあります。
それは、短期投資・中期投資・長期投資です。
この短期・中期・長期とは、買った株を売るまでの期間のことです。
短期投資では、株を持っている期間は数分から数日です。
中期投資ではその期間は数週間から数ヶ月と長くなり、長期投資では数ヶ月から数年になる場合もあります。
株の取引を行なっている人は必ずこの3つの投資スタイルのどれかに当てはまります。
株取引を仕事としている機関投資家や、個人でも株で生活費を稼ぐデイトレードを行なっている人は短期取引をメインに取引を行ないます。
これは、株やFXで取引を行なう金額が億単位になる取引を頻繁に行なうために、大きな利益を狙うのではなく小さな利益を何度も繰り返して取るからです。
一方、サラリーマンなどは中期投資や長期投資を行なう人が多い様です。
株取引に投資できる金額が少額であるため、大きな利益を狙うために一度買った株を長く持つ必要があるからです。