特例をうまく活用して住宅ローン減税を目指すには?

特例をうまく活用することによって住宅ローンの減税をすることができます。
マイホームを購入してしばらくすると、家族構成が変わったり転勤などもあったりして、売却することになる可能性もあります。
そんなとき売却して利益が出ると税金がかかりますので注意が必要です。
ただし、一定の条件を満たすと軽減措置があります。
国の建前としましては、マイホームを売却するにはそれ相当の事情があるはずなので、それならば税金も安くしてあげます、ということかもしれませんが、本音のところで言えば、家を売ったままにせず、税金を安くするのでまた買ってほしい、ということになります。
バブル経済の崩壊後はマイホームを売却しても利益が出るケースはあまりなかったのですが、今後は不動産の値上がりも考えられますので、利益が出るケースも出てくる可能性があります。
また、買い換え特例として、売却したマイホームの価格以上のマイホームを購入した場合には税金がゼロになります。
住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】